『悦楽の小径』 VOL1

| | コメント(0)
タイトルは、ちょっと仰々しいのですが、なに、そんなに大層なものではありません。
 映画やサッカーなど、観る者を、興奮とカタルシスの坩堝へ引きずりこもうとする『素晴らしき世界』についてのお喋りが、この場を借りて、気軽に出来たらいいなと思っています。
まず、記念すべき第一回目の今回は、映画に関するクイズから、始めてみようと思います。題して、


 《原題から、日本公開時の邦題を当ててやろう、のコーナー》#1
(なんだ、そのまんまじゃねえか)
 
 最近は、ご存知のように、英語、仏語などの原題を、そのまま、カタカナ表記して、公開している事が、多いようです。例えば『ダイ・ハード』『パルプ・フィクション』『シックス・センス』などなど、枚挙にいと間がありません。
 それでも、やはり、ロマンティックな邦題も附けられている作品もあります。
『あなたが寝てる間に』とか『あなたに降る夢』とか、恋愛ドラマなどに、その傾向が多いようです。

 原題をそのまま、カタカナ表記して公開するのがいいのか、或いは、内容を吟味しつつ、新たな邦題を附けたほうがいいのか、配給会社の宣伝部のスタッフのご苦労も、そんな所にも垣間見えるような気がします。

 一時期、邦題に『愛と哀しみの~』とか『愛と青春の~』とか、『愛と追憶の
~』など、同じようなイメージの言葉が使われていたこともありましたが、
あれなどは、映画を観てから日が経つうちに、記憶が入り混じってしまう、
などという事は、なかったでしょうか。
 或いは、戦争映画で『~作戦』とか『~戦略』とか、或る程度のマニアで
なければ、記憶の糸がもつれてしまうというケースもあったと思います。

 また、邦題を新たに附けるにしても、原題を、そのまま日本語訳にしてしまう例も多いのですが、その中でも『ROMAN HORIDAY』を、
『ローマの休日』と、そのまま日本語訳して成功した作品も決して少なくはありません。
 まあ、或る意味で、個々人の好みの問題とも、言えるかもしれませんが。

 前置きは、これくらいにして(随分、長くなっちゃいました、ゴメンナサイ)
クイズの方を始めたいと思います。まず、手始めに、以下の10作品の原題から、邦題を当ててみて下さい。すぐわかるものあれば、知らないと、
答えられないもの、または、原題から内容を推理して邦題がわかるものなど色々あると思います。
(クイズの性質から、多少、作品自体がクラシカルに偏向する事を
御了承下さい)

 【1】 『BUTCH CASSIDY AND SUNDANCE KID』
 【2】 『MY DARLING CLEMENTINE』
 【3】 『WATERLOO BRIDGE』
 【4】 『CITY LIGHT』
 【5】 『LOVE IS A MANY SPLENDORED THING』
 【6】 『GONE WITH THE WIND』
 【7】 『THE LONGEST DAY』
 【8】 『HIGH NOON』
 【9】 『BONNIE AND CLYDE』
 【10】『SUMMERTIME』

コメントする

このブログ記事について

このページは、アキラが2008年2月 9日 13:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ウエブサイトについて」です。

次のブログ記事は「東映に愛を込めて。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。